ひな祭りって何するの?!パパも娘と楽しむ方法(遊び、お菓子、食事)

3月3日ひな祭りです。女の子のお祭りと言われていますね。

ちょっと縁遠いなあという男性も多いかもしれません。

私は妹がいたのでまだ馴染みがありましたが、「娘が生まれるまでほとんど関わりがなかった」なんてお父さんも多いのではないでしょうか?

そこで、ひな祭りに疎いお父さんも、娘とひな祭りを楽しめる方法についてまとめてみました。



目次

”ひな祭り”って結局なに?

goo辞書によると、ひな祭りは下記のように説明されています。

3月3日の上巳 (じょうし) の節句に、女児のある家で雛人形を飾り、菱餅・白酒・桃花などを供えて祝う行事。けがれ・災いを人形 (ひとがた) に移しはらおうとする風習が起源とされる。雛遊び。ひいなまつり。 春》「花咲かぬ片山陰も―/一茶」  引用元:goo辞書

由来など諸説ありますが、「女の子のお祭り」と言われています。

英語で説明する際は、Garls’ Festivalなんて訳すようですよ。

災いを払い、病気や怪我なく健やかに成長することを願う風習です。

そんな願いを大事にしてひな祭りを過ごすことが一番大事ですよね。

”ひな祭り”にちなんだ遊びをしてみよう

折り紙でおひな様を作ってみよう

昔は「流しびな」といって、けがれや災いを払う意味で、紙でできた人形を川に流していたそうです。

今でもその風習が残っているところがありますね。

環境的に川に流すのは難しいですが、娘さんと折り紙でおひな様を折ってみてはいかがでしょうか?

以前の記事で、おひな様とお内裏様の折り方を紹介しました。参考にしてみてください↓

”ひな祭り”にちなんだ絵本を読んでみよう

ひな祭りにちなんだ絵本はたくさんあります。

娘さんと一緒に読んでみると気分が盛り上がりますよ。

ひな祭りの意味なども伝わって一石二鳥ですよね。

※ひな祭りの絵本は ひな祭りの絵本

”ひな祭り”にちなんだお菓子でおやつタイムを楽しもう

おやつの時間にお供え物を一緒に食してみましょう。「菱餅」や「ひなあられ」が一般的ですね。

菱餅(ひしもち)

菱餅は、赤(ピンク)・白・緑の色のひし形をした餅を重ねたものです。

それぞれに、クチナシ、ひしの実、よもぎが使われています。

健康に良いもの、邪気を払う意味で解毒作用があるものが材料として使われているそうですよ。

そして、粋なのは、この時期を表現しているということ。

白は雪を表し、その下に芽吹く緑。上に咲き始める桃の花を表現しているそうです。

餅だと食べにくいかもしれませんが、ゼリーや他のお菓子で菱餅に似せて作られたものも売られています。娘さんに意味を説明しながら食べてみるのもいいですね。

ひなあられ

ひなあられは、関東と関西で違うそうです。

関東風は、米菓子(ポン菓子)で甘い味。関西風は、しょうゆ味や塩味のあられだそうです。

ひなあられも赤(ピンク)・白・緑の色をしています。

食べ比べてみてもいいですよね。

img src="170303_hinaarare.jpg" alt="ひなあられ"出典:写真AC

”ひな祭り”にちなんだ食べ物を料理をして食べてみよう

女の子のお祭りですから、お母さんを休ませて、お父さんが食事を用意するのもいいかもしれません。

ひな祭りで一般的に食されるのは、ちらし寿司や蛤のお吸い物ですね。あと白酒。

ちらし寿司

ちらし寿司は、お祝いや祭礼で食べられる縁起の良い食べ物。

ひな祭りでもお祝い料理として定番です。

※ちらし寿司のレシピは、こちら を参考にどうぞ。(cookpadの検索結果リンク)

蛤(はまぐり)のお吸い物

対になった形が夫婦円満を表した縁起の良い食べ物とされています。

お寿司と絶妙にマッチしておいしいですよね。

※蛤のお吸い物のレシピは、こちら を参考にどうぞ。(cookpadの検索結果リンク)

白酒

お祝いで出されるお酒。そう、お酒です。

筆者は、ひな祭りに飲むものですから、子供が飲むものと思っていましたが違うようです。

白酒はお酒で9%程度のアルコールが含まれるので注意が必要です。

甘酒は子供も飲めます。

白酒と甘酒の違いは農林水産省の消費者相談「甘酒と白酒の違いはなんですか。」の回答がわかりやすいです。

甘酒と白酒は同じものと思われている方が多いと思いますが、かなり違うものです。一般的に甘酒は、ご飯やおかゆなどに米こうじを混ぜて保温し、米のデンプンを糖化させたもので、アルコールをほとんど含まない甘い飲み物です。…一方、白酒は、みりんや焼酎などに蒸したもち米や米こうじを仕込み、1ヶ月程度熟成させたもろみを、軽くすりつぶして造った酒のことをいいます。昔からひな祭りなどで供えられ、白く濁り粘りと甘みがあり、アルコール分は9%前後、糖質が45%程度含まれ、酒税法ではリキュール類に分類されています。

農林水産省ホームページより引用(最終閲覧日:2017年3月3日)

間違えて、白酒を子どもに飲ませないようにしましょうね。

<img src="170303_chirashizushi.jpg" alt="ちらし寿司"/>出典:写真AC

さいご

ひな祭り当日に、お父さんが娘さんと楽しめる方法をまとめてみましたがいかがだったでしょうか。

参考にしていただき、思いっきりひな祭りを楽しんでほしいと思います。

お父さんが本気で楽しめば子供も楽しく、いい思い出になると思います。

<img src="170303_ohinasama.jpg" alt="ひな祭り"/>出典:写真AC

スポンサーリンク

   
   

【カテゴリー】


【関連記事&広告】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*