「お父さん、嫌い!」父親が娘に嫌われる要因

お父さんはなぜ娘に嫌われるのでしょうか?

ある要因によって、父親に対する娘の嫌悪感が生み出されているようです。その要因をある調査結果からお伝えします。



目次

「パパ大好き!」と言っていたのに・・・

お父さんはなぜ娘に嫌われるのでしょうか?

“娘”
パパと結婚する~

なんて言っていたのに、思春期になったら

“娘”
パパ、うざい!
“娘”
パパと洗濯物を一緒にしないで!
“娘”
くさくてやだ!

なんていいだす話は、よく聞きますね。

低年齢化しているなんてうわさも聞きます。

筆者も娘を持つ身として他人ごとではありません。。。

どうしたら娘に嫌われないでいられるか?

娘を持つ世の中のお父さん全員(?)が知りたいところです。

実は、ある要因の影響で、父親に対する娘の嫌悪感に繋がっている可能性があります。

娘が「パパと結婚する~」と言っているうちに知っておけば、将来娘に嫌われなくて済むかもしれません。

その要因とは?

ある調査」父親に対する娘の嫌悪感について

2004年に神戸女学院大学 岩崎かおりさんがおこなった「父親に対する娘の嫌悪感について研究」の中から知ることができます。

本調査は、当時の女子高校 生307名 を対象に行われました。

「夫婦 関係」「 娘 と父親 の 日常接触」に大別された項目に対してアンケートを取り、それらの要因がどう「父親に対する娘の嫌悪感」へ影響するかを紙面調査したそうです。

 

「夫婦 関係」に関しては、「 父 と母 は 仲が よ い と思 う」などの質問を13項目。

「 娘 と父親 の 日常接触」に関しては、「父と朝の挨拶をする」など10項目を質問。

「嫌悪感」の測定ため、「 父が入 っ たお風 呂の 湯 に 入 る の は嫌 だ」「父は だ ら しない と思 う」 な どの 28項 目 の質問をしたそうです。

“娘”
お父さんの入ったお風呂、入りたくない!

いやだ、言われたくない。。。。

父親が娘に嫌われる要因

まず、調査で分かった衝撃の事実。

そ れ ぞ れ の 側 面 に つ い て の 307名の 平均値 か ら推測 で き る の は 、 対 象 とな っ た 女子 高校生 は父親に対 して 中程度 の 嫌悪感 を もち 、 両親をある程度仲が 良い と思 っ て お り、 父 親 と同 じ空 間で 行動 し、挨拶 も まあ まあす る もの の 、 会話は 少 ない とい うこ とで ある 。 出典:岩崎かおり(2004)「父親に対する娘の嫌悪感について研究」、『女性学評論』第18号、pp.133-134、神戸女学院大学

平均で”中程度の嫌悪感”を持っているのですね。

ある程度予測できますが、悲しい。。。

そして、岩崎かおりさんはこう結論付けています。

つ ま り、 両親 の こ と を仲が 良い とは 認 め て い な い 者 ・父親 と会話 を しない 者 ・父親 と挨拶 を し な い 者 ほ ど、 父親の こ と を不潔だ と思 い 、 また 、 父 親と接 触 した くな い と思 って い る こ とが 推測で きる 。 出典:岩崎かおり(2004)「父親に対する娘の嫌悪感について研究」、『女性学評論』第18号、pp.133-134、神戸女学院大学

出典:写真AC

父親にできること

「夫婦 関係」「 娘 と父親 の 日常接触」の差が、娘の嫌悪感の度合いに影響を与えていることがわかりました。

では、我々父親はどうすべきか?

調査の結果から考えられることは、

夫婦仲良く

まずは、夫婦仲良くしましょう。

お母さんがお父さんを誉めてくれていたとしたら、それは当然いい影響を与えますよね。

逆に悪口ばかりだったら。。。。それは刷り込まれます。

とはいっても、「娘に嫌われないために」の以前に、奥さんとは仲良くしたほうがいいと思います!

コミュニケーションをよく取っておく

娘さんが小さい頃から、コミュニケーションを頻繁にとりましょう。

もうこれは当たり前といえば当たり前ですけどね。

忙しいと出来なかったりしますよね。

そうこうしているうちに、娘は思春期になり、更に話をしてくれなくなるかも。

「もう会話の糸口さえ見つけられない・・・」なんてことになってしまう前に、娘さんとの関係を見直してみるのもいいかもしれませんね。

さいごに

私も、娘を持つ親として気が気でなりません。

まだ娘が小さいうちから対策をしておけば嫌われなくて済む。かもしれませんね。

まあ、「生物学的に娘が父親をある程度嫌うようにプログラムされている」なんて話も聞きます(こちらに関してもまた別の機会に」

【参考文献】

出典:写真AC

スポンサーリンク

   
   

【カテゴリー】


【関連記事&広告】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*