おやじの会は飲みの会?私がおやじの会に参加する理由

最近は、”おやじの会”なる団体が増えているようです。簡単にいうとPTAのような学校や幼稚園(保育園)の活動を支援するボランティア団体です。

私は、子どもの幼稚園と小学校の2つの”おやじの会”に参加していますが、「子供に託けた 飲みの会なんでしょ。」なんて直接&噂の両方で聞いたことがあります。

それでも私はおやじの会に参加し続けていますが、それには大きな理由(メリット)があるんです。



目次

おやじの会

冒頭でも触れましたが、おやじの会とは、簡単にいうとPTAのような学校や幼稚園(保育園)の活動、地域の活動を支援するボランティア団体です。

PTAに属している場合もあれば、独立している場合もあったり、活動形態はその地区・学校によって様々なようです。

 

父親メインの団体で、PTAは半強制的なところが強いですが、参加したい人が参加できる時に参加する団体であるという特徴があると思います。

また、父親メインのため力仕事を任せられることも多いです。

 

元は、母親メインのPTAで、活動時間も仕事とかぶり参加しにくいことから、お父さんでも子どもたちのために何かできないか?というところから始まったのが起源です。

 

”おやじの会”と呼ばれることが多いですが、おやじに限定しないような名前をつけることも時代として増えているようです。

私が参加しているおやじの会も、名前は”おやじの会”ですが、父親に限定しておらず、母親の方もいらっしゃいます。

 

“イクメン”と同じで、時代の変化によって生まれたもので、働く母親が増え、PTAの運営が変化していくと、”おやじの会”という”おやじ”を冠した団体もなくなり統合されているのかなあ、なんて勝手に想像しています。

(”イクメン”という言葉がまだまだ死語にならないように、もっと先のことかと思いますが。)

批判あるある

そんな「子どもたちのために何かしたい「 」という意思のもとに集まった”おやじの会”ですが、批判も聞きます。

直接言われたこと、噂で聞いたこと含めになりますが、私が聞いたことがある批判は下記のようなものです。

飲み会がしたいんでしょ

男が集まるところ、打ち上げなんかをすればお酒はつきもの。

そうすると、ボランティアでの達成感からか、飲みすぎてしまうこともあるからなのでしょうか。

同じ意思を持って集まった仲間意識から、プライベートでも集まるようになり、飲みに行ったりすることもあると思います。

 

そんなところから、「飲み会メインの活動なんでしょ」と言われてしまうことも。

私も直接言われたことありますし、父親でもそれが嫌で参加しない、なんて人もいました。

やりたい時に参加なんてお気楽ね

これは、PTAが半強制であることが多いのに対して、参加できる時に参加している形態からかそう言われてしまうのでしょうか?

また、最近は共働きも増えていますので、PTAの活動に参加するお父さんも増えているようです。

PTAの活動には全く参加せずに、おやじの会の活動にばかり参加していたら、そう言われてしまうかもしれませんね。

それでもおやじの会に参加する理由

そんな批判も聞くおやじの会ですが、私は参加し続けています。

それは、こんな理由からです。

それでも子どもたちのために何かしたい人たちの集まりだ

お酒を飲み過ぎてしまったり、やんちゃな人がいたり、男は年を取っても、、、です。

母親目線で見ると”?”なこともあるのかもしれませんが、基本的には子どもたちのために何かしたいと集まった人たちだと思いますす。

私は、そういった人と知り合いになりたいと思っているから参加しています。

参加できる時に参加できる

基本的には強制力はなく、参加できる時に参加するのがおやじの会です。

子どものために何かしたいと思っていても、毎回参加は難しい。

今の私にはPTAで役をやるのは難しくても、おやじの会であれば参加できます。

 

実際は、PTAの活動も参加できるものは参加していますし、他にも色々重なりまくるので、参加できる時に参加する以外時間が取れないのが現状です。

学校や幼稚園(保育園)のことをもっと知ることができる

おやじの会に所属していると、学校や幼稚園(保育園)に触れることが多くなります。

また、PTAの場合関わる人も多いですが、おやじの会はもっと小規模です。

なので、先生方と直接お話しするチャンスもあります。

 

いずれにせよ、学校や幼稚園(保育園)に直接触れ、内情を知っておくこと、先生方を知っておくことは、自分の子どものためになると思っています。

何よりも子どもたちのために

PTAでやろうが何でやろうが、とにかく子どもたちを取り巻く環境を支援する、または良くするための活動には意義があると思っています。

それはおやじの会でなくてもいいと思っていますが、一つの手段としておやじの会に参加しています。

出典:写真AC(クリエーター:bBearさん)

さいごに

おやじの会について書いてみました。

確かに批判は聞くことがあり、改めて何でおやじの会に参加するか考えてみた次第です。

おやじの会の形態は、その団体によって様々だと思うので、もし興味があるようなら一度参加してみてください。

もう行かないと決めるのも自由ですから。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

   
   

【カテゴリー】


【関連記事&広告】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*