つるの剛士さんに学ぶ「子育てで大切にすべき1つのこと」

学び

つるの剛士さんは、イクメンタレントとして有名ですね。

最近たまたま”つるのさん”に関する芸能ニュースを拝見したんですが、父親として、親として、子育てにおける大事な気づきがありました。

そこで今回は、つるの剛士さんから、私が学んだ「子育てで大切にすべき1つのこと」をお伝えします。



目次

最近目にした”つるの剛士”さんに関するニュース

最近、つるの剛士さんに関する芸能ニュースは、こちら↓
つるの剛士、42歳で学習塾通い 「今まで勉強したことないから…」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

(最終閲覧日:2017/6/30)

もう、読みました?

ニュースを読んで

私が記事を読んで、子育てにおいて「やっぱり大切したいなあ」と率直に感じたことがあります。ざっくり1つだけに絞ってシェアしたいと思います。

その前に、ニュースの背景や概要にさらりと触れます。

おバカタレント?

つるの剛士さんは、かつておバカタレントと言われていましたし、その路線で売り出していましたね。でもね、この人はバカではないなあと思います。だって、バカにはできないことをしていますから

つるのさんが〇〇に通い始めた

ニュースを読んでいただければわかりますが、つるのさんは最近”“に通い始めたそうです。

つるのさんは、現在42歳。

何で塾?

つるのさんが塾に通い始めた理由

つるのさんは、塾に通い始めた理由をこう話しています。

僕、こんなじゃないですか。子供達が大きくなってきた。今まで自分が勉強したことないから『勉強しろ』って言っていいのか分からないから『パパ、塾行くわ』って」

先のニュースより引用(最終閲覧日:2017/6/30)

おバカな感じで発言してますけど、これは本当のバカにはできない行動ですよね?

勉強

つるの剛士さんから学んだ「子育てで大切にすべき1つのこと」

そんなつるのさんから学んだこと。

「子どもにしてほしいことは自ら実践し、背中で見せる」ということ。

言葉で伝えることも大事ですが、伝えたいことは自らの行動で示すということですね。普段ダラダラとテレビを見ている父ちゃんが、「宿題したかあー、勉強はちゃんとやれよ」と言ったって何の効果もないですもんね。反面教師にはなりますけどね。(それも、背中を見せるということになるのか?)

子どもを叱る前に、自分が手本となるような行動ができているかは大事ですね。親も完ぺきではないので、出来ていないことはたくさんありますよね。

それでも、自分の行動を変えることはいつからでも出来るんですね。つるのさんのように42歳からだって、何歳からだっていいんですよね。「こんな歳でこんなんことやるなんて、俺ってバカかな?」と考えて行動しないよりも、やっちゃった方がお利口さんな気がしました。それが、子どもにもしてほしいことであるのならば尚更です

背中を見せる出典:写真AC

最後に

父親として先輩でもあり、”イクメンの雄”であるつるの剛士さんのニュースを拝見して、子育てにおいて大事なことを学ぶことができました。

けっして目新しい考え方ではありませんが、実際に行動するということも含め、考えさせられました。

参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

   
   

【カテゴリー】


【関連記事&広告】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*