写真集「未来ちゃん」から学ぶ子供写真術

本紹介

子どもの写真を上手に撮りたい場合、上手い人の写真を真似るのも手ですよね。そういう意味では、発売されている写真集はとっても参考になります。

そこで今回は、私のお勧め写真集「未来ちゃん」のご紹介と、子ども写真を撮る上で参考にしたいなあと思った点をお伝えします。

目次




写真集「未来ちゃん」の概要


未来ちゃん(出典:Amazon)
  • 作者:川島小鳥(かわしま・ことり)
  • 出版社: ナナロク社
  • 発売日: 2011/3/22
  • ページ数: 204ページ
  • サイズ: 22.6 x 15.2 x 3 cm

川島小鳥(かわしま・ことり)さんという写真家の作品です。川島小鳥さんは、第40回木村伊兵衛写真賞を受賞した実力派プロカメラマンです。

この写真集「未来ちゃん」に出てくる”未来ちゃん”は実在しますが、本当の名前ではありません。ドキュメンタリーではなく、川島さんが「未来ちゃん」というコンセプトで制作したフィクションとのことです。佐渡に約1年間行き来して撮影したそうですよ。フィルムでの撮影です。

子ども写真を撮る上で参考にしたい点

未来ちゃんは実在しますが、本名ではなくドキュメンタリーでもありません。写真家が血縁関係のない子どもを撮った写真集です。 だから、親が子どもを撮る視点とはちょっと違うとは思うんです。が、”未来ちゃん”という子どもの魅力が、ぎゅっと詰まった写真集ですから、子どもの写真を撮る上で参考になることはたくさんありました。その中でも、特にお手本にしたいなあと思った点をあげたいと思います。

笑っているときだけが”良い写真”ではない

写真集の中の未来ちゃん、笑っている時もあれば、怒っている時もある。泣いている時もあれば、無表情もある。

「それって当たり前じゃない?」

という声が聞こえできそうですが、親が自分の子どもを撮る場合、写真の中にいる子どもの表情は”喜怒哀楽”に偏りがないですか?

泣いている時や怒って時の写真って少ないですよね。でも、そんなときの子どもだって”かわいい瞬間”だと思うのです。まあ、その時は親の方も泣きたかったり怒りたかったり、実際怒っていたりするかもしれませんしが、後で見返せば「そんなこともあったなあ」と微笑ましく思うんじゃないでしょうか。

現実は、自分の子どもが泣いたり怒ったりしているときに、カメラを取り出して写真を撮ることは難しいですよね。親も子もそれどころじゃないですから。

だけど、チャンスがあればそういった写真も撮っておきたいなあと思うのです。特に、赤ちゃんのころは2,3分待ってもらって、泣き顔、怒り顔を撮るくらいは許されるかなと思ったりします。大きくなると絶対取れないですからね。

家の中がごちゃごちゃだっていいじゃない

写真集を見れば分かりますが、”未来ちゃん”のお家の中は、とにかく散らかっております。実在するお家ですので、なんとも言えないですが、お世辞にも綺麗であるとは言えません。それが逆に、未来ちゃんの力強さを強調しているように思いますし、物や建物が少し古めかしく昭和感溢れていることも、この写真たちを良くしている要素だと思うんですけどね。

この写真集をみていると「我が家だって少しくらい散らかっていたっていいじゃない、大したことない」と思えてきます。「そこまでして写真を撮りたくない!」という人は別として、「家が散らかっているから」なんとなく撮らない選択をしていた人は、その感情を一度捨てるといいかもしれませんね。

そう思ったら、「散らかっていても子どもの魅力をうまく捉えるには?」「散らかっていても、それさえも魅力的に撮るには?」と視点が変わってくるんじゃないでしょうか。そうしたら、写真が一味変わってるくるも知れません。気に入らなければ後で削除もできますしね。

 2枚組で考えてみる

写真集には、関連する写真二枚で見開きを構成しているページもあります。時間が連続していたり、色や形などが共通していたりする組写真が多用されているんです。

同じ場面での”目線なし”と”目線あり”の写真や、 ”暗闇に上がる花火”と”暗闇でアイスを食べる未来ちゃん”の”暗闇”が繋がっているように見えるページだったり。

一枚でも意味を成しますが、二枚になると意味が増幅したり別の意味が読みとれたりして、私は結構好きです。単純に時間の概念がプラスされるので、ストーリー性も増すのではないかと思います。表情や動きが豊かな子どもには、特に有効な手法のように感じましたよ。

写真集「未来ちゃん」と川島小鳥さんが気になった方は

川島小鳥さんが気になった方は下記をどうぞ。(最終閲覧日:2017/6/23)

過去のインタビュー記事もありました。(最終閲覧日:2017/6/23)

写真集「未来ちゃん」のamazonページへのリンクです。


未来ちゃん(出典:Amazon)

さいごに

未来ちゃん。とにかく魅力的な女の子。写真集「未来ちゃん」は、子どもの写真を撮る上でお手本になることがたくさんありました。もし、気になったら実際に写真集「未来ちゃん」を手にとってみてくださいね。見るだけでも楽しいですよ。参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

   
   

【関連記事】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*