難しい教え方は不要?子供とお散歩中に出来るひらがな学習法(練習法)

散歩

我が家でやっていて、これはちょっと良かったなと思った「子どもとお散歩しながら出来る”ひらがな”学習法(練習法)」の紹介です。

難しい教え方などしなくても、簡単な方法でひらがなの読みの練習になります。

子供は遊びながら勝手に覚えてしまう、そんなことを狙った一つの方法です。



目次

子どもとお散歩ってしますか?

気候が暑すぎたり、寒すぎたりだとなかなか出来ないかもしれませんが、これから始まる秋や春なんかは、お散歩に最適なシーズンかもしれませんね。

お散歩中に気軽にできる”ひらがな”の読みの学習法(練習法)があります。

お散歩中のひらがな学習法とは?

それは、「出会った車のナンバープレートのひらがなを読み上げていく」というものです。

簡単ですみません!

あと、比較的、車が多いとことじゃないと成り立ちません。

これは、うちの妻がやっているのを聞いていいなあと思った方法なんです。

“妻”
次の車にはなんて書いてあるかな?
“息子”
“え”
“妻”
そう、”え”だね!
“妻”
次は何かな?
“息子”
わかんない・・・
“妻”
“さ”だよ

 

みたいな単純なやりとりを、止まっている車の横を通る時にするんです。

我が家の息子は、車好きだったことも功を奏したのかもしれませんが、飽きずに結構やってましたよ。

出典:写真AC(クリエーター:えこだんさん)

学びに大事なこと

そして、改めて思ったこと。学び」は「楽しい」といいですよね。

「学ぶ感覚なく、遊んでたら勝手に身についていた」

というのがいいなあと思うんです。

息子にとって、「お散歩、楽しい」「車、好き」「ひらがな探しごっこ、楽しい」みたいなこと。

で、遊びの延長で勝手にひらがなを覚える感覚。

でも、娘は、この”ひらがな学習法”にはあまり食いつきません(でした)。

個々で楽しいポイントが違うんですよね。

そういう個々に違うポイントを見つけ出して、”くすぐる”ってことをしていけたらいいんじゃないかなあ、なんて思います。

散歩出典:写真AC(クリエーター:ゆう818さん)

さいごに

お散歩中に簡単にできるひらがな学習法を紹介してみました。

”学習法”と言っても大したもんじゃないですが、こういったものを生活の随所に入れ込んでいくと、子どももストレスなく学ぶことができるのかなと思います。

この方法が効果あるかは、それぞれの子次第ですけど、気が向いたら試してみてください。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

   
   

【カテゴリー】


【関連記事&広告】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*