子供と外遊び~近所で楽しめる3つのアイデア(探検編)

「今日は休日!子どもと一緒に、何か親子で楽しいことをしたい!」「お出かけもいいけど、渋滞や人ごみなんかの混雑した場所には行きたくない気分。」「そもそも今月はお金を使いすぎて、遊ぶ資金があまりないし、、、

ありますよね、そんな休日。

ということで今回は、そんな休日に、家の近所で楽しめる「外遊び」のアイデア(探検系)を3つご紹介します!

目次




街中を隈なく探せ「探検ビンゴ」

公益社団法人ネイチャーゲーム協会が提案する自然体験アクティビティの一つにフィールドビンゴというものがあります。

ネイチャーゲーム協会のホームページによると、フィールドビンゴは下記のように説明されています。

見る・聞く・さわる・かぐなどさまざまな感覚を使って自然を楽しむビンゴゲーム。カードは3×3マスでも4×4マスでもかまわないよ。 引用:公益社団法人ネイチャーゲーム協会ホームページ

補足すると、ビンゴカードに書かれているもの(「きのみ」や「抜け殻」など)を見つけ、見つけたものにチェックしていき、縦横斜めで揃えればビンゴとなるゲームです。

本来のフィールドビンゴの目的は、自然の中で、五感を使って、感覚を研ぎ澄まし、観察力を高めることです。

 

これをアレンジして、敢えて自然のものには限定せず、街なかの、しかもご近所でやってみるのです!

「探検ビンゴ」のやり方

準備するものは、紙と鉛筆のみです。

・まずはこんなカードを作成します


Photo by K.e.n

プリンターがあれば、パソコンで作ってもいいですし、無ければ手書きでも構いません。

面倒くさい人は、ネイチャーゲーム協会がカードを販売していますので、それを利用する手もあります。⇒フィールドビンゴフリーカード|ネイチャーゲームWebShop

・街なかにある「○○」をテーマに記入します

自然のものでも、人工物でも何でも構いません。子供たちと相談して記入してもいいと思います。

例えば、こんな感じ。(キラキラペンで書いたら文字が反射してしまいました。字が汚くてすみません。)

Photo by K.e.n

余りにも見つけづらいものにすると、子どもたちが途中で飽きてしまったり、全然見つからなかったりして終わらないので、項目の選択にはバランスが必要です。

必ず見つかってビンゴになるものを含めておくと、終わりがあっていいかもしれません。

日頃、街の風景をどれだけ見ているかが分かるかもしれませんね。

・ビンゴに出かけましょう

作成したビンゴカードをもって、近所を探索しましょう。

普段気づかない何かを見つけることができるかもしれません。

縦横斜めが揃ったらビンゴ!終わりにしてもいいですし、全部見つけるまで続けてもいいでしょう。

ぼくらの街で「探検隊ごっこ」

探検のテーマ・ミッションを決めて、親子で探検隊に扮して街を探索する遊びです。

子どもって、「探検」というだけでワクワクしてくれますよね。

探検隊ごっこ」のやり方

・探検のテーマ・ミッションを決める

探検隊のテーマ・ミッションはなんでも構いません。

「タンポポを20本ゲットせよ!」などの季節が感じられるものを探すことをテーマにしてもいいですし、「近所のお店を調査せよ!」でも、何でも構いません。

「危険スポットを探せ!」として、一人では行ってはいけない場所の確認に使うこともできます。

 

あっ、タンポポなんかは、塊でドカッとあったりするので、「同じ場所では一本だけ」などと決めておいた方がいいかもしれません。(その辺のルールは、やりながら微調整で!)

 

雰囲気作りとして、ミッションを書いた手紙を、封筒に入れて用意しておくのも手です。

ミッションの依頼主を「謎のX男爵」などにして、子どもが好きそうな感じを演出するのもいいですね。

Photo by K.e.n

・隊長などの役を決める

隊長などの役回りを決めた方が、雰囲気がでて盛り上がりますね。

役は、隊長、副隊長、ただの隊員、地図係、写真係など何でも構いません。隊長はいたほうがいいですね。

・小道具を用意する

ご近所の地図が用意できれば、準備しておくと面白いかもしれません。ネットから地図を印刷して使うと楽です。

通った道やテーマの物を発見した場所などに、印をつけながら進むと雰囲気が出ます。

 

我が家の息子はテーマパークや動物園に行くと、パンフレットの案内マップを見ながら「今はここにいる。今からあっちにいこう」などとやることが好きです。

そういった子には、地図があると、より楽しいかもしれませんね。

 

その他、虫眼鏡、望遠鏡など、なんとなく探検隊っぽいものを持って出かけましょう。

・探検にでかけましょう

探検ですから、普段通らない道も通ってみましょう。子どもが行きたい方角にとりあえず行ってみましょう。

普段せかせか通り過ぎてしまうところを、思いっきり寄り道しましょう。

 

公園があったら寄りたがるかもしれません。寄りましょう。

探検のことなんてすっかり忘れてしまうかもしれません。そしたら、探検隊は解散しましょう。

もう、自由です。そんな過ごし方もありですよね?

街に潜む「顔探しゲーム」

これも、近所を探索する遊びです。探すものは、街に潜む「顔に見えるもの」です。

例えば、こんなもの。

Photo by K.e.n

マンホールの模様ですが、顔に見えませんか?こういうのを探す遊びです。

この遊びは、この本からインスピレーションを得ました。

 ふしぎな まちのかおさがし (出典:Amazon)

そう、街には色々な顔が潜んでいるんです!

「顔探しゲーム」のやり方

・道具を用意します(カメラ、地図等)

記録のために、カメラを用意します。デジカメでもスマホのカメラでも構いません。

カメラがない場合や、面倒な場合は、ただ探すだけでもいいかなと思います。

 

地図が用意できれば用意します。「顔」を見つけた場所を記録する場合に使用します。

準備はそれだけです。

・街に潜む「顔」を探しに出かけよう

みんなで探してもいいですし、家族を2チームに分けて探してもいいですね。

子どもたちが夢中になって、道路に飛び出したりすることがないよう注意しておきましょう。

・写真を印刷してノートにまとめよう

写真が印刷できるのであらば、印刷をしてノートに貼ってまとめてみましょう。

「泣き顔」「怒り顔」など感情で分類してまとめてもいいですし、「顔」に見えた「物の種類」で分けてみてもいいかもしれません。

そこは自由ですね。

さいご

いかがだったでしょうか。「遠くに出かけなくても、お金を掛けなくても、近所で出来て、いつもとちょっと違う遊びはないか?」というところから考えた「探検系外遊び」です。

フィールドビンゴなど、先人の知恵も拝借して膨らませました(ありがとうございます!)。

兄妹姉妹で食付き度合いに差があったり、全然食付かなかったり、すぐ飽きてしまったりする場合もあるかもしれません

。ですが、何かの参考になればと思いご紹介してみました。参考にしてみてください。

スポンサーリンク

   
   

【関連記事】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*