子供と父親だけで電車のお出かけは不安?解消する4つの鍵

「子供たちと電車でお出かけがしたい。でも、子供はまだ小さいし、ママなしでは初めてだから心配、、、」

そんなお父さんはいませんか?

「心構えあれば憂いなし!」ということで、これさえ心がけておけば物怖じせずに、子供父親だけで電車のお出かけができる、4つの点をお伝えします。



目次

母親なしでのお出かけは不安?

子どもが生まれて大きくなり、お出かけもできるようになったあの頃、私も子どもと2人でお出かけするのは少し不安でした。

お出かけしても、うまくいかないなんてこともありました。

それでも慣れないながらに2人でのお出かけを繰り返すうちに、なんとかなってくるものですね。

その時の経験から、子どもと二人で出かける際に、事前に心がけておくとスムーズにお出かけができるんじゃないかと思う4つのポイントをシェアしたいと思います。

時間に余裕を持って出かける。

子供は、何事も時間がかりますよね。

歩くのも遅いし、駅までの道中で道草トラップに引っかかったりもします。

そもそも、出かける前の準備で手こずって。。。なんてことは、当然あると思っておいたほうがいいですよね。

電車に乗っても、「パパぁ〜。トイレ〜」「やべぇー!家でトイレ行かせるの忘れてた~!」なんてこともしょっちゅうでしたもの。

特に、時間が決まっているイベントなどに行く場合は、早めに家を出ることが肝要です。

余裕があれば落ち着いて、そして、”楽しく”お出かけができますね。

荷物は万端に。だけど最小限で。

必要な荷物は事前に確認・用意をしておきます。

まだオムツを履いている子だったら、オムツの替えは必須です。おもらしが心配な子には着替えも必要です。

外で食事を摂る必要があるならば、そのための準備も必要になります。

この辺は、ママに相談して、確認・準備すると安心です。

ただし、無駄な荷物は持って行かないほうがいいです。

荷物は何でもかんでも「必要かもしれない」とバックに詰め込むと機動力も落ちます。そして、無駄に疲れます。

そこまで必要性がなく、最悪現地調達でどうにかなる物は置いていくなどの判断が必要です。

準備はしておいたほうがいいですが、忘れ物があってもどうにかなるもの。臨機応変に対処したいですね。

気を紛らわすものを持参する。

電車の中でぐずった時のために、子供の大好きなものを用意しておくといいですね。

携帯用の小さな絵本や、おもちゃなどがあるといいかもしれません。

いつも使い慣れた大好きなおもちゃもいいですが、グッと気をひく目新しいものもいいかもしれません。

いつも同じだど飽きてしまうので、そこはセンスの見せ所ですね。

空腹がぐずりの原因にもなりますので、ちょっとしたおやつは持っていった方がいいでしょう。

道中を楽しむ

電車の移動自体を楽しんだほうが、断然お出かけが楽しくなりますよね。

移動中や停車した時に、外の景色に興味を促すと言うのも手です。

子供との会話を単純に楽しむのもよいですね。

電車が好きな子ならば、乗っていること自体を楽しんでくれますから助かります。

着いた先だけでなく、移動中も思いっきり楽しみましょう。子どもも楽しむことで、ぐずり対策にもなります。

ただし、公共の場ですので、周りへの配慮もしたいものです。

途中下車も辞さない

そうはいっても、子供はぐずるもの。何をしてもご機嫌が治らない時もあります。

そんな時は、周りの目も気になりますよね。

そこで強く怒ってしまうと、逆効果になってしまうかもしれません。

潔く途中下車して、一本後の電車で行くのも手です。

気分転換になり、すっと泣き止むこともあります。

途中下車も想定内として、余裕を持って家を出るのは大事ですね。イライラも少なく済みます。

出典:写真AC

さいごに

子供たちとパパだけで、電車で出かけるのは不安だなという方もいると思います。

世の父親の多くがそうでしょうが、初めうちはみんな不安です。

そこは是非、思い切ってお出かけをしてほしいと思います。

どんどん外に連れ出して、慣れてしまいましょう。不安なのは初めだけですものね。

多少うまくいかなくても、どんと構えて、子供とのお出かけを楽しんじゃいましょう。

 

スポンサーリンク

   
   

【カテゴリー】


【関連記事&広告】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*