子供の国語力もあがる「リレー小説」遊びを親子でしてみよう

リレー

子どもが文章を書けるようになったら、親子で「リレー小説」をしてみてはいかがでしょうか?

今回は、「リレー小説」を紹介します!国語力もあがる遊びですよ。

目次




リレー小説とは?

リレー小説とは、簡単にいうと交換日記の小説版とでもいうのでしょうか。

複数の人がリレー形式で、物語を繋いで作る小説です。

実は、私と息子の遊びの中で自然と始まった遊びだったんですが、調べてみるとリレー小説用のサイトもあるようですね。

R*STORY – 分岐型リレー小説投稿サイト

(最終閲覧日:2017/5/27)

リレー小説のやり方

一人が一文、または数文書いたら、次の人がその内容に沿って続きを書く。その繰り返しです。

基本的には、ルールは自由です。

ルールを設けたほうがやりやすければ設ければいいし、ルール無く書き始めても構わないと思います。

 

例えば、「一人3文で交代」「5ページで一度話を終わらせる」など、目安としてあったほうが良ければルールを作りましょう。

内容も思いつくままに書いていってもいいと思いますし、「ヒーローが敵をやっつけて町を救う話」と決めてから始めてもいいと思います。

ノートと鉛筆があればできますね。

リレー小説出典:イラストAC

リレー小説の良い所

子どもとリレー小説をしてみて「いいなあ」と思ったのはこんなところ。

  • 読み書きの練習
  • 作文の練習
  • 想像力を高める
  • 親子で楽しめる

読み書きをするので、国語力が高まるのは言わずもがなですね。

想像力はこの遊びに最も必要です。

子どもは空想する生き物ですから、うまく引き出してあげるといいですよね。

とは言いつつも、遊びとして親子で楽しめればいいですよね。

さいご

「リレー小説」が気になった方は試してみてください。

暇つぶしになんとなくやってみてもいいと思いまよ。

何にせよ、想像力を掻き立てるような遊びが親子でできるといいですよね。

参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

   
   

【関連記事】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*