父親へのススメ「子供の誕生日前夜に飾りつけをしよう!」

子供の誕生日。何か特別なことをしていますか?

  • 「おめでとうを言う」
  • 「生まれてきてくれたことの感謝を伝える」
  • 「ごちそうを食べる」
  • 「誕生日会を開く」
  • 「誕生日プレゼントをあげる」

色々あると思います。子供の誕生日のために、筆者が実際やってみて「これはいいな」と思った事があります。それは、

「子供の誕生日の前夜に、リビングの飾りつけをしておく」というもの。

子供が誕生日の朝起きて気づくように、前日の夜にリビングの飾りつけをしておくのです。それは、こんな良いことがあるからなんです。



目次

朝から子供をハッピーな気分にせさることができる

子供が起きて来て部屋に入った途端、ぱっと目に入るように飾り付けをしておきます。

子供が飾りつけに気づいたときに、パッと目が輝くのがわかります。

言葉で伝えることも当然大事ですが、ビジュアルでバシッと伝わりますからね。

誕生日を朝からハッピーな気分で迎えて、その日一日を楽しく過ごしてくれればいいなと思うわけです。

子供が大きくなると、喜びを表に出してくれなくなるかもしれませんが、やっぱうれしんじゃないでしょうか。

出典:写真AC

直接会えなくても「おめでとう」の気持ちを伝えることができる

夜は子供が寝た後に帰宅し、朝は子供が起きる前に家を出る。

そういうパパも多いのでは無いでしょうか。

流石に子供の誕生日には早く帰ってきたいけど、どうしても仕事が。。。なんてこともあるかもしれません。

でも、前日の夜さえ帰って来ることができれば、飾りつけはできます。

たとえ誕生日当日に子供に会えなくても、「おめでとう」の気持ちを伝えることができるのです。

だから、忙しい父親には特に、「飾りつけ」をしてほしいなあと思うのです。

出典:写真AC

愛情が伝わる

もう単純に、子供に愛情が伝わります。

「誕生日をしっかり祝ってくれている」「なんか特別な感じでうれしい」

子供が小さなうちは、背景までは理解していないでしょう。

しかし、親が子どものために一生懸命することは、きっと愛情が伝わりますよね。

出典:写真AC

さいごに

我が家の飾り付けは、上の参考写真のような完璧な飾り付けではなくもっと質素です。

けっして豪華な飾りつけでなくてもいいと思うのです。

子供の喜ぶ姿を想像して、楽しみながら飾りつけをしましょう。嫁さんと一緒にやるのは更にありです。

子供が成長したことを噛みしめながら、嫁さんと会話しながら飾りつけをすれば、夫婦の愛情も深まりますしね。

 

 

スポンサーリンク

   
   

【カテゴリー】


【関連記事&広告】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*