車に子どもを置いていくのは5分でも危険!

先日「たった5分で「警戒」レベル 危ない子供の置き去り」という記事を読みました。

当たり前なんですが、「やっぱり危険!」ということでシェアしたいと思います。



目次

読んだニュース

私が読んだニュースはこちら。27日にウェザーニュースからです。

たった5分で「警戒」レベル 危ない子供の置き去り(ウェザーニュース) – Yahoo!ニュース

 

車のエアコンを止めると、熱中症の危険度が5分後には警戒、15分後には危険レベルに達すると伝えています。

それは危険!

でも、 記事中には試験条件が「真夏の炎天下の車内における」としか書いていない。こういうの気になっちゃうのは性格かしらん?

元ネタ

この「車内エアコン動作と熱中症危険度の関係」の情報提供元はJAFとのこと。

車中の熱中症の危険度の調査をしたのはJAFなんですね。

ということでネタ元を調査。

JAF|エコ&セーフティ|JAFユーザーテスト|車内温度|車内温度/夏

上記が元ネタのようで、試験条件が記載されていました。

実施日 2012年8月22日・23日
場所 彩湖・道満グリーンパーク駐車場(埼玉県戸田市)
天候 晴れ
気温 35度
テスト 午後12時から4時間、駐車条件の異なる車両(ミニバン)を5台用意し、炎天下における車内温度を測定。

 

35度の炎天下!

これは、暑いですね。

例え5分でも、その車中に子どもを置いて行こうとは、個人的には思はないレベルの気温。

だとは思うのですが。

やっぱり危険だね

とはいえ、毎年夏になると事故のニュースを聞くくらい事故は起きているわけですから。

「エアコンも効いていたから涼しい。鍵は閉めなきゃ危険だし、5分くらいなら大丈夫か。」という油断が出てしまうのかもしれません。

JAFのコメントにはこう記載されています。

乳幼児は体温調節機能が未発達で、高温下では短時間で体温が上昇し、死に至ることがある。寝ているからという理由で、車内に子どもを残すのは大変危険である。

さいごに

そもそも、例え涼しくとも、子どもが寝ていたとしても、車中に子どもを置いて車を離れること自体危険を伴いますね。

気温が35度まで行かなくとも、車の中の気温はだいぶ上がります。

JAFは、熱中症の危険度と一緒に、35度炎天下で車内温度がどれだけ上がるか調べてますが、すごい温度になります。

この記事を通して、改めて危険性を再認識しました。

スポンサーリンク

   
   

【カテゴリー】


【関連記事&広告】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*