「輪っか紙飛行機」の折り方|超簡単なのによく飛ぶ!作り方を図解で解説

円筒型紙飛行機

”輪っか”の形をした紙飛行機の作り方を図解でお伝えします。

折り紙とセロテープだけでできて、折り方はと〜っても簡単。なのに、よく飛びます!

折り方が超簡単だから小さな子にも最適な紙飛行機です。

目次


輪っか紙飛行機の作り方

※てじゅん(手順)にでてくる「— – — – —」せんは、たにおりです。
※小さい子にも分かりやすいように”ひらがな”で説明していきます。

手順1

・”はじ”を1センチぐらいの”はば”になるようにおります。(たにおり)

手順2

・”手順1”でおった”はば”で、くりかえしおっていきます。
・”はんぶん”より”ちょっとうえ”くらいまでおります。(”手順1”と合わせて5から7おりくらいがめやすです)

手順3

・おったほうを”うちがわ”にして”わっか”にします。

手順4

・セロテープでとめます。

かんせい!

かんせいです!

と〜っても簡単ですよね。

「円筒型紙飛行機」の飛ばし方のコツ

地面と水平方向に、前に押し出すようにすると飛びやすいですよ!

その際に、手首を返さず固定したまま押し出すのがコツです。

※画像はイメージです!

さいごに

とっても簡単なので小さい子にもおすすめです。

折る量によって飛びやすさが変わります。簡単なのでいくつか作って比べてみるのも面白いでよ。そのうち、ちょうど良い折り量もわかってくると思います。

◆他の紙飛行機も紹介しています

紙飛行機の折り方13選|よく飛ぶ定番から超簡単な作り方までドドンッと大集結!

スポンサーリンク

   
   

【関連記事】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*