「おばけ」の切り絵の作り方|ハロウィンの飾りつけに大活躍!

おばけの切り絵

切り絵で作る「おばけ」の折り方をお伝えします。

簡単に作れるように、順を追って写真の図解付きで説明していきます!

小さな子でも、2分くらいで簡単に作れちゃいます!



目次

スポンサーリンク

「おばけ」の切り絵の完成イメージ

下記に説明する手順で作ると、こんな感じになります↓

おばけの切り絵
おばけの切り絵

「おばけ」の切り絵の難易度と時間

「おばけ」の切り絵の難易度

【この折り紙の難易度】 超簡単

4歳〜5歳の幼児(幼稚園児や保育園児)でも作れるレベルです。小学生くらいの子どもであれば、¥簡単に作れちゃいます。

「おばけ」の切り絵にかかる時間

【この折り紙を折るのにかかる時間】 2分くらい(目安)

大人が普通に作って折って、2分くらいです。チャチャッとやれば、1分くらいでできちゃいます。

子どもでも、そんなに時間はかからないですよ。

「おばけ」の切り絵に必要なもの

【この折り紙を折るのに必要なもの】 コピー用紙や画用紙、鉛筆、ペンやクレヨン、ハサミ

長方形の紙を使います。コピー用紙や画用紙などで大丈夫です。「おばけ」なので、白い紙があれば似合います。あえて好きな色で作っても、かわいいですよ。

「おばけ」の形を書くのに、鉛筆を使います。顔を描くのに、ペンやクレヨンなどを使います。おばけ」の形を切るのにハサミを使うので用意しておいてください。

「おばけ」の切り絵の作り方

※「— — —」(破線)は「たにおり」です。

手順1

・「よこなが」に”はんぶん”なるように、ハサミできります。

おばけの切り絵
おばけの切り絵

手順2

・「まんなか」で、”はんぶん”におります。(たにおり)

おばけの切り絵
おばけの切り絵

手順3

・もういちど、「まんなか」で”はんぶん”におります。(たにおり)

おばけの切り絵
おばけの切り絵

手順4

・「えんぴつ」で「おばけ」の「かたち」をかきます。
※「おばけ」の「かたちのいちぶ」が、「かみ」からはみでるようにかきます。(したの「え」の「あかまる」のぶぶん)
※「えんぴつ」でかいたほうを「うら」にするので、「せん」がはみだしたりしててもだいじょうぶです。

おばけの切り絵

手順5

・「せん」にそって、ハサミできります。
※「えんぴつ」でかいたほうを「うら」にするので、「せん」がのこっていてもだいじょうぶです。

おばけの切り絵

手順6

・ひろげます。

おばけの切り絵

手順7

・「ペン」や「クレヨン」などで、「かお」をかきます。

おばけの切り絵

完成です!

さいごに

とても簡単にできます。

ハロウィンの飾りつけにもぴったりなので、お子さんと作ってみてください。

◆他のハロウィンの折り紙を探している方はこちら>>>

ハロウィン折り紙7選|簡単かわいい手作りの飾りつけで盛りがろう

◆他のハロウィンの飾りつけアイデアを探している方はこちら>>>

手作りで一味違う!ハロウィンの飾り付けアイデア8選

(文中の写真: K.e.n)

スポンサーリンク

   
   

【カテゴリー】


【関連記事&広告】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*