シンプルおしゃれな写真年賀状》無料素材で簡単にすぐ作れる方法

年賀状

今年も残りわずか。

でも、なんやかんやで、まだ年賀状作ってないや。。。

そんな方に、シンプルでおしゃれな写真入り年賀状を、無料素材で簡単に作る方法をお伝えします。短時間ですぐ作れるので時間のない方にもオススメです。



目次

年賀状はいつまでに出すべき?

今年も残りわずか。

でも、なんやかんやで、まだ年賀状作ってないや。。。

 

っていうのは、私のことなんですけどね。

「早く作らないとやばいな」と思いつつ、こんな時期。

ところで、年賀状はいつまでに出すべきなんでしょうか?

郵便局のこちらのサイト

郵便年賀|ゆうびん.jp

によると、下記のように記載されています。

年賀状はいつまでに出せば(投かん)よいですか?

1月1日にお届けするには、年賀状は2017年12月25日(月)までの投かんをお願いしマス。

12月25日(月)以降に出した年賀状は、いつ配達されますか?

できるだけ早くお届けしマスが、元日配達ができない場合もありマスので、ご了承くだサイ。

作るの遅すぎたっ!

と落胆するも、毎年同じような時期に作っているような気がします。

ということで、時間もないので、簡単にシンプルに年賀状を作成しました。

こんな感じの年賀状が完成

記事としては遅すぎじゃないかとも思ったんですが、同じような境遇の方のために作り方をシェアします。

無料素材を使って、短時間で簡単にできる写真年賀状の作り方です。

子どもや家族の写真を使い、無料素材を利用して仕上げます。

こんな感じです↓

年賀状

シンプルでおしゃれな年賀状ができたんじゃないかと思うので、気に入ってくれた方はご参考にどうぞ。

(無料素材のおかげですけどね)

必要なもの

  • 年賀ハガキ
  • ネット環境につながるPC
  • Microsoft Word
  • プリンタ

年賀ハガキ

通信面が空白のものを用意してください。

今回は写真を使うので、通信面が「写真用」だと仕上がりがきれいです。

ネットにつながるPC

無料素材をダウンロードするので、ネットにつながるパソコンが必要です。

Microsoft Word

Microsoft Wordを利用して作る方法をお伝えします。

Wordでなくても、同じよな作業ができれば他のソフトでも構いません。

*例としては「Microsoft Word 2013」をベースに説明します。

プリンター

自宅で印刷します。

ネットやKinko’sなどの店舗でも、WordやPDFの持ち込みで印刷してくれるところもあります。自宅にプリンターがなくてもそのような場所で印刷することもできます。

作成方法

手順1:写真を選ぶ

メインとなる写真を選びます。

例のように、1枚のみの使用なら横長の写真がいいです。

手順2:挿入する素材をダウンロードする

下記のサイトから素材をダウンロードします。

*利用には登録が必要です。

無料イラストなら「イラストAC」

今回、例で使用するのは、下記の2つの素材です。

    出典:イラストAC、クリエイター 川竜さん

 

 

出典:イラストAC、クリエイター Helloさん

年賀状がおしゃれになったのは、おしゃれな素材を使ったからです。クリエイターの方々、ありがとうございます。

手順3:Microsoft Wordを起動し、用紙サイズを「ハガキ」にする

*「Microsoft Word 2013」をベースに説明していきます。

タブから「ページレイアウト/サイズ」をクリックして「ハガキ」を選択します。

年賀状の作り方

手順4:写真を挿入する

手順1で選んだ写真を挿入します。

タブから「挿入/画像」をクリックして、目的の写真を選択します。

年賀状の作り方

手順5:写真を配置する

手順5−1:レイアウトオプションを変更する

挿入した写真右クリックし、「レイアウトオプション」から「前面」を選択します。

*あるいは、「文字の折り返し」から「前面」を選択します。

年賀状の作り方

手順5−2:写真を配置する

写真をハガキの上面に配置します。

例では、ハガキの横幅いっぱいに合うように、写真を移動・拡大しています。

年賀状の作り方

 

手順6:素材(イラスト)を挿入する

手順6−1:犬のイラストの画像を挿入する

手順4と同じ方法で、犬のイラストの画像を、ハガキの下面に挿入します。

年賀状の作り方

手順6−2:「レイアウトオプション」を「後面」にする

手順5−1と同じ方法で、犬のイラスト右クリックしてレイアウトオプション」から「後面」にします。

手順7:犬のイラストを薄くする

手順6で挿入した犬のイラストを薄くします。

これは、コメントを書いたりする場所となるためです。

犬のイラストダブルクリックして、「書式/色」の「色の変更」から、「ウィッシュアウト」を選択します。

年賀状の作り方

年賀状の作り方

手順8:毛筆風テキストを挿入する

手順8−1:挿入する

手順4と同じ方法で、毛筆風テキストをハガキの下面に挿入します。

手順8−2:「レイアウトオプション」から「前面」する

手順5−1と同じ方法で、毛筆風テキスト右クリックしてレイアウトオプション」から「前面」にします。

年賀状の書き方

手順9:毛筆風テキストの必要な部分のみトリミングして配置する

手順9−1:毛筆風テキストの必要な部分のみにトリミングする

毛筆風テキスト右クリックして、「トリミング」を選択して必要な部分のみにします。

年賀状の作り方

例では、「本年も何卒宜しくお願い申し上げます」のみにトリミング。

年賀状の作り方

手順9−2:手順9−1でトリミングしたテキストを配置する

年賀状の作り方

手順9−3:手順9−2で配置した毛筆風テキストの背景色を「透明」にする

犬のイラストが見えるように、毛筆風テキストの背景色を透明します。

書式/色」の「透明色を指定」を選択して、毛筆風テキスト背景部分をクリックします。

すると、透けます。

手順9−4:手順9−1〜9−3と同じ方法で「平成三十元旦」を挿入する。

年賀状

手順10:印刷する

印刷します。

*宛名面も印刷する場合、先に宛名面を印刷してください。その方が、通信面が汚れずに済みます。

*Wordを利用しているため、印刷時に余白がついてしまいます。余白の幅はお好みでどうぞ。

*印刷時は、「プリンタのプロパティ」で「写真印刷用」にすると印刷がきれいになります。プリンターによって違うため確認してみてください。

手順11:コメントを追記して投函

コメントを手書きで追記して投函すればおわり。

ちなみに、手書きのコメント追記も面倒な人は、印刷する前に他の定型文を記入するのもアリかと思います。

さいごに

ということで、シンプルな写真入り年賀状が出来上がりました。

私はこれから手書きのコメントを記載するので、投函は本当にギリギリになってしまいます。

こんなギリギリなんですが、同じような境遇の方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

   
   

【カテゴリー】


【関連記事&広告】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*