貧乏くさい?けど楽しい!!Amazon梱包材の2次利用法

貧乏くさい話ですみません!

Amazonで買い物すると、ダンボール箱に商品を守る緩衝材として、クシャクシャの紙が入っています。

そのAmazonの箱に入っている緩衝材の紙を2次利用して楽しむアイデアのお話です。



目次

貧乏くさいですよ

まずはじめに、断っておきます。

“K.e.n”
今日は、非常に貧乏くさい話でございます。

Amazonの緩衝材用の紙とは?

Amazonで商品を注文すると、ダンボールで送られてきますよね。

そのダンボールの中に、商品を守るための緩衝材が入っています。

その緩衝材に、下記のような、紙をクシャクシャと丸めたものを使っていることがあります。

Photo by K.e.n

”赤矢印”の紙のことです。

この紙を2次利用して楽しむお話です。

2次利用にいたるまでのお話

ある日のこと。

“子供”
お絵描きしたい!

と子どもがいうので、いつも通り、使っているスケッチブックを用意。

パラパラとめくってみると、

“K.e.n”
なにっ、空いているページがない!!

それじゃ、適当な紙を探すしかありません。

“K.e.n”
何かいい紙ないかなあ・・・

そこで、ふと思い浮かぶわけです。

“K.e.n”
たしか、朝届いたAmazonの箱の中に、大きな紙が丸めて入れてあったな。。。

Photo by K.e.n

さっそく、Amazonの箱から紙を取り出して広げてみると、

Photo by K.e.n

大きくて、自由に、大胆にお絵描きするにはちょうど良い!

“子供”
やったあ!

Photo by K.e.n

こうして、捨てられる運命だったAmazon紙は、お絵描きキャンパスに生まれ変わったのでした。

(写真は、お絵描き後、部屋に貼って紙芝居をしているところです。)

結論

Amazon紙(Amazonの箱に緩衝材として丸めて入れられている紙)は、お絵描き用の紙として使えます!

※ただし、紙が薄いので、油性マジックや絵の具などは、下への色移りにお気をつけくださいね。

さいごに

と、貧乏くさいお話ですみませんでした。

けど、大きくて、大胆にお絵描きするにはもってこいでした^ ^

スポンサーリンク

   
   

【カテゴリー】


【関連記事&広告】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*