賢くなるたんていパズル|算数も国語も楽しみながら伸ばすドリル

子どもの家庭学習って何してますか?

最近買ったドリルが、面白かったのでご紹介です。親も一緒にやると楽しいかも?!

その名も賢くなるたんていパズル」。楽しみながら、国語力も算数力も伸ばせるドリルです。

目次





「賢くなるたんていパズル」の概要

賢くなるたんていパズル」は、宮本哲也さんが主宰する「宮本算数教室」で使われている教材。


賢くなるたんていパズル 国語と算数をのばす推理 やさしい (宮本算数教室の教材) (Amazon)

賢くなるパズル」シリーズの一つ。

賢くなるパズル」は、

無試験先着順ながら卒業生の8割以上を難関中学に合格させる「宮本算数教室」の教材。

とのこと。

そのシリーズのなかの「賢くなるたんていパズル」は、”たんていパズル”というだけあって、謎解きの感覚で問題を解くようになっています。

学年の区分けはなく、「やさしい」「ふつう」「むずかしい」の三段階のレベルがあります。

なんと、国語力と算数力を同時に伸ばせるように工夫されているとのこと。

いづれも小学校低学年からとりくめて、算数と国語の地力をつけるドリルです。

「賢くなるたんていパズル」のシリーズ全般においてですが、取り組むことで下記の力がつくそうです。

  1. 思考力が身につく
  2. 集中力が身につく
  3. ゼロから考える発想力が身につく
  4. ねばり強さが身につく

「宮本算数教室」とは

宮本さんが大手進学塾講師を経て作った教室です。

なんと、無試験先着順の教室であるにもかかわらず、最終在籍生徒の8割以上を首都圏難関中学に合格させているとのこと。

とっても人気があるそうです。

宮本算数教室の教材 賢くなるパズル&算数WEB

実際に使ってみた感想

夏休みということもあり、さっそく3年生の息子に買い与えてみましたよ。

実体験からの感想としては、

”たんてい”の響きが子供心をくすぐる

まず、第1印象として、”たんていパズル”という響きに興味をそそられた様子。

まずは興味を持たせるということが大事ですからね!

遊び感覚でできる

実際に問題を見てみると、ただただ計算を解くわけではないので、半分遊び感覚でやっている様子。

勉強が嫌いな子もこれを使ってみたら、思わぬブレイクスルーがあるかも!

親も一緒に楽しめる

「一緒にやってみよう」と言われて、一緒にやってみたんです。(答えが見えないように別々にね)

勉強って感じがしないので、クイズを解く感覚で親も楽しめる感覚はあります。

親の頭の体操にもいいかも?!

一緒にやれば、子どももやる気を出すかもしれませんしね。

レベルの見極めはむずかしい

特に学年でレベル分けしているわけではないので、「やさしい」〜「むずかしい」の中からどれを選んでいいか迷いました。

簡単すぎても、難しすぎてもやる気が出ないと思うので、ここは悩ましいところです。

考えられる方策としては、

  • ネットの口コミや本屋で中身をみて、子どものレベルを見極めて買う
  • とりあえず買ってみて、難しすぎたら次に取っておいて、一つ下のレベルのものをためす。
  • とりあえず「やさしい」から始めてみる

でしょうか。

さいごに

「夏休みの自主学習にいいものはないかなあ」と調査していたら見つけました。

我が家では、食いつきのようさそうな「たんていパズル」から入手してみましたが、本道の「賢くなるパズル」も試してみたいところ。

勉強も楽しめたら一番いいわけで。ということで、一度試してみるのもいいんじゃないでしょか。

スポンサーリンク

   
   

【関連記事】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*