何を伝えたい?子どもの誕生日にバースデーレター(手紙)を贈ってみよう

バースデーレター

子を持つ親のみなさん、お子さんの誕生日に”贈りもの”ってしますか?

私ごとで恐縮ですが、我が子の誕生日も近づき、昨年までとは違う”あるもの”を贈ってみようと思います。

それは、”バースデーレター”。あなただったら子どもに何を伝えますか?



目次

子どもの誕生日に何を贈りますか?

みなさん、

子どもの誕生日に”贈りもの”ってしますか?

バースデーカード?

バースデーカード出典:写真AC(カッパリーナさん)

誕生日プレゼント?

誕生日プレゼント出典:写真AC(まんだむさん)

我が家では、ささやかですが、誕生日プレゼントにメッセージカードを添えて贈るのが定番です。

下の子は、未就学児。

まだ、文章は読めません。

だから、とても簡単なメッセージ。

上の子は小学校低学年になりました。

もう長い文章も読ます。

そうだ、メッセージを手紙にしたためて贈ってみよう

そんな低学年の我が子の誕生日も近くなり、ふと思ったこと。

そうだ、メッセージを手紙にしたためて贈ってみよう。

バースデーレター出典:写真AC(アトリエ100さん)

長い文章も読めるようになったし、あらたまって手紙を贈るのもいいかな、なんて思ったしだい。

さて、これを読んでくれているパパ・ママさん、

あなただったら、何を伝えますか?

子どもに伝えておきたかったこと

私が、低学年の我が子に伝えておきたかったことは、こんなこと。

生まれてきてくれてありがとう

月並みですが、「生まれてきてくれてありがとう」は伝えておきたい。

出典:写真AC(はむぱんさん)

だって、生まれてきてくれたおかげで、今まで味わったことにないような楽しみや喜びを体験できた。

大げさに言うと、生きる意味を再認識したし、人として成長もできた。

そして、ただただ成長を見守り、同じ時間を共有するだけ嬉しい。

だから、「ありがとう」と伝えたい。

いつでも力になるよ

それから「困ったことがあったらいつでも助けになるよ」ということ。

小学校低学年といえども、外ではいろいろと、その年齢なりにガンバっている。

うまくいかないこともあるだろうし、嫌になることもあるかもしれない。

だから、「いつでも力になるよ」「いつでも相談にのるよ」と伝えたい。

失敗を恐れないでほしい

我が子はわりと慎重派。

いろいろ周りを見て行動するタイプ。

でもね、未知のことにどんどん挑戦して欲しい。

はじめは怖いかもしれないけど、その先にとっても楽しいことが待っているかもしれないから。

はじめてのことは失敗して当たり前。

失敗は悪いことではないことを伝えたい。

「失敗を恐れないでほしい。」

大好きだ!

そして、「大好きである!」ということ。

出典:写真AC(マロネコさん)

そう、単純に大好きなことを伝えたい。

続けようかな、バースデーレター♪

そんな感じで、”今”、子どもに伝えたいことをバースデーレターとして綴ってみました。

この手紙が、子どもにとって”特別な贈りもの”と感じるかは正直わかりませんが、気持ちはこもっています

あらたまって文章で伝える、っていうのもいいもんですね。

続けようかな、バースデーレター♫

バースデーレターPhoto by K.e.n

さいごに

みなさんは、子どもに手紙を書いたりしますか?

子どもの誕生日には何を伝えたいですか?

もし、「いいな、これ」と思ったら、子どもの誕生日にバースデーレターを贈ってみてくださいね。

◆子どもの誕生日、前日に飾り付けするのもオススメです↓

父親へのススメ「子供の誕生日前夜に飾りつけをしよう!」

スポンサーリンク

   
   

【カテゴリー】


【関連記事&広告】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*