台風の沖縄「美ら海水族館」体験レビュー|子供とのお出かけをより楽しむためのヒントや情報

美ら海水族館

6月の台風のなか、沖縄の「美ら海水族館」に子連れでいきました。

その時の体験談を綴るとともに、「美ら海水族館」の基本情報やその時の経験から今度いく方のためにより楽しむためのヒントをお伝えします。



目次

「美ら海水族館」の基本情報

※2019/6/18時点の情報です。変わっている場合もあるので、最新情報は美ら海水族館のホームページをみてください。

「美ら海水族館」の所在地

〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川424

「美ら海水族館」の開館時間

  • 10月〜2月; 開館8:30 閉館18:30(入館締め切り17:30)
  • 3月〜9月; 開館8:30 閉館20:00(入館締め切り19:00)
  • 休園日 12月の第3水曜日とその翌日

「美ら海水族館」の料金

  • 大人:1,850円 
  • 中人(高校生):1,290円 
  • 小人(小・中学生):610円
  • 6際未満:無料

その他お得な、20名以上の団体割引、16時からの入館から閉館までの時間限定の「4時からチケット」、年間パスポートなどがあります。

「美ら海水族館」の公式ホームページ

公式ホームページはこちらです。行く前にみてからの方が安心ですね。

沖縄美ら海水族館

台風の沖縄「美ら海水族館」の体験記

ここからは、美ら海水族館へお出かけの際の参考に、実際に体験したことを記載していきます!

「美ら海水族館」に行った日

行ったのは、2018年6月の某日曜日にいきました。

「美ら海水族館」へ一緒に行ったメンバー

  • 父(私)
  • 息子(小学校低学年)
  • 娘(年中)

タイムスケジュール

ざっくりと、こんなスケジュールで回りました。メインどころのみ記載してます。

  • 9:00 駐車場着
  • 9:10 入館
  • 9:30 黒潮の海でジンベイザメ、マンタ見学
  • 11:00 オキちゃん劇場
  • 12:00 ホテルへ向かう

「美ら海水族館」の体験談

台風接近

実は家族で訪れるのは2回目なのですが、今回の沖縄は台風直撃、、、

本当は到着日の午後に行こうと思っていた「美ら海水族館」。

天気の様子を見て、元々のスケジュールを変更して2日めの朝イチから出発。

午後は荒れるとの予報。朝は風は強いものの晴れていたので決行!

前日の夜から天気予報とにらめっこで決定しました!

道中はレンタルカーがたくさん

台風接近もあり、室内の水族館は混んでいるのか、空いているのか予想もつかない状態。

美ら海水族館に近づくにつれ、増えるレンタカー。

晴れた日はもっと混んでいるのか?それとも、台風で室内観光を求めた観光局が押し寄せて混んでいるのか???

駐車場到着

8:30到着予定も、途中息子が車酔いで休憩したこともあり、9:00に到着。

その時間でも、美ら海水族館に一番近い駐車場に問題なく駐車完了。

てことはそこまで混んでいないということでしょうか。

相変わらず風は強いが、空は晴れている。

駐車場から水族館へ向かう間の絶景も堪能。

息子が3歳の時に来た、思い出の同じ場所で写真撮影。

それにはちょっと感慨深い。

さっそく入館

入ってすぐは、ヒトデなどに触れる体感コーナー「イノーの海」。

我が家の子供たちは、ちょっと触って早々に移動。

学べる展示もあったりして、自由研究にもいいかもと思ったり。

ジンベイザメが見たい!とサクサク進む子供たち。

「途中ももっと楽しもうぜ〜」と思いながらも、子供達のペースに合わせてたら巨大水槽の前へ到着。

巨大水槽「黒潮の海」へ

子供たち待望のジンベイザメとご対面!

やはりこの大きさは実際見ないと伝わりません!

ちょうどこのときは、マンタの餌やりを見学できる時間。

宙返りのようにクルクル回りながら餌を食べるのですね!

マンタも我が家の子供達にヒットしたようです^ ^

いや、餌を独り占めしちゃうマンタ君がいたりして面白かった!

黒潮探検(水上観覧コース)へ

「黒潮の海」をひとしきり見たら、今度はその巨大水槽を水上から見学。

上から見るって言うのもなかなか面白い!

舞台の裏側も楽しむ醍醐味。

透明な通路に少しビビる子供達。

お土産を買う

さてさて、メインどころを終えたら、またまた足早になる我が家の子供達。

気づけばお土産売り場に。

途中はわりと早いペースで回った感じですが、メインどころを結構堪能したのでそんなに損した気分はなしでしたけど。

せっかく来たのだから、ついつい買ってしまうお土産。

子供達はマンタとジンベイザメのぬいぐるみをゲット!

思い出ですね。

オキちゃん劇場

前回の経験から、オキちゃん劇には少し早めに行った方がいい席が取れることがわかっていたので向かうことに。

途中、イルカラグーンを見学しながらも、オキちゃん劇場に到着。

余裕を持ってきたので比較的前の席ゲット!

近くの売店のアイスを食べながら待ちます。

オキちゃんてどの子?

なんていいながら、オキちゃん劇場見学。

まったく芸達者です。

天候も考えホテルへ向かう

オキちゃん劇場を見学すると、時間はお昼近く。

午後から台風が接近して荒れる予報。

ホテルのプールを楽しむと割り切って計画を立てていたので、この辺で美ら海水族館とはさようなら。

3時間くらいの滞在でしたが、メインどころはおさえたかな。

大型台風が午後には急接近の予報が出てましたが、昼からの観光客はまだまだやって来る感じで、すれ違う数の感覚はむしろ朝より多い印象。

案の定ホテルに着くと大雨。土砂降りの中、室内プールでめいいっぱい楽しんだ我が家でした^_^ 

どうせプールで濡れているから、わざと土砂降りの中にでてみたりして、これも一つの経験でした〜〜

「美ら海水族館」をより楽しむためのヒント

ここからは、「美ら海水族館」を観光してみて事前に知っているといいかな、ということを今後行く方のためにあげておきます!

割引券を利用する

レンタカー屋などに、沖縄の観光スポットの無料の割引券が置いてあったりします。

レンタカー受付の際に、ついでに美ら海水族館の割引券を入手するといいですね。

少し安くなりますよ。

空いている時間帯を確認

美ら海水族館では、混雑予測を公表しています。

時間帯別混雑状況・混雑予想 | 沖縄美ら海水族館 – 沖縄の美ら海を、次の世代へ。-

事前に確認しておくといいと思います。

開館直後、閉館直前あたりが空いている傾向です。

子連れとしては、朝一でいければいいかもしれませんね。

便利なゲートは?

ゲートは複数あります。

南ゲート・中央ゲート・北ゲート・備瀬ゲートの4つにざっくりと分かれていて、沖縄美ら海水族館へは「中央ゲート」または「北ゲート」が便利です!

プログラムを確認して予定を立てておく

下記からプログラムをダウンロードできます。

水族館内のプログラム | 沖縄美ら海水族館 – 沖縄の美ら海を、次の世代へ。-

プログラムの時間帯を考慮して、事前にどう回るか計画を立てておくとスムーズです。

ただし、現地の雰囲気で柔軟に変更することも大事。

子どもの興味がどこに湧くかはいってみないとわかりませんからね!

最低限の押さえておきたいところは明確にしておくといいかもしれません。

やはり、メインの「黒潮の海」の解説や餌やりを見学できるかどうかは、楽しみを増やす意味で重要です。

黒潮の海 | 沖縄美ら海水族館 – 沖縄の美ら海を、次の世代へ。-

オキちゃん劇場の時間帯

水族館出口からオキちゃん劇場までは、徒歩4~5分程度。

「水族館をみたあとに楽しみたい!」という方は、ショーの開始時間の30分前くらいに水族館の見学を終えて向かうのがお勧めです。

カフェもいいかも

我が家は利用しませんでしたが、ちょっと疲れたらカフェを利用するという手もあります。

カフェ・オーシャンブルー

カフェ「オーシャンブルー」 | 沖縄美ら海水族館 – 沖縄の美ら海を、次の世代へ。-

海が一望できるレストランです。

ホットドックやタコス、パスタなどの軽食を楽しむことができます。

さいごに

やはりジンベイザメのいる「黒潮の海」は圧巻でした。

雨の日や台風でも楽しめるところもほんと助かります!

スポンサーリンク

   
   

【カテゴリー】


【関連記事&広告】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*