【子供写真のヒント】子ども写真を編集・加工して色で遊んでみる

子ども写真

子どもの写真の撮り方や編集方法、楽しみ方など、”子ども写真”を日々研究しています。

そんな中で発見した、今までよりもちょっと良くなる”子ども写真”のヒントやアイデアをご紹介します。

今回は「子ども写真を編集・加工して色で遊んでみる」についてです。

目次




こんな方へのヒントです。

今回のヒントは、面白いスマホアプリが好きだったり、パソコンをいじるのが苦ではなく、比較的写真で遊ぶのが好きだったりするようなパパママ向けに書いています。

今回のヒント:子ども写真を編集・加工して色で遊んでみる

今回のヒントは、「子ども写真を編集・加工して色で遊んでみる」についてです。

最近は写真の加工も簡単になった

技術が発展し、デジタル化も進んだ最近は、写真の編集・加工も簡単になりました。

雰囲気のあるフィルター加工が簡単にできるスマホのアプリなんかもたくさんありますよね。

本当に便利な世の中になりました。

そのままもいいけど、加工して遊んでみるのもいい

子どの写真は撮ったそのままで全然いいですが、便利になった世の中、編集・加工して遊んでみるのもいいですね。

フィルター加工やフレーム追加、テキスト追加など、それこそ便利アプリをググってみるとたくさんあります。

想像力を働かせてとりあえず試してみると、思いもよらずオシャレな子ども写真ができちゃうかもしれません。

例えば、色を変えるなんて簡単ですね。

子ども写真Photo by K.e.n

同じ写真を色違いで並べてみる

上の写真は、もともとこんな色でした。

子ども写真Photo by K.e.n

まあ、どうってことない写真です。

そこで、思いつきで色を変えてみましたわけです。大した意図はありません^^

ちなみに、あまり極端にいじると画質は落ちます。

じゃあ、これを何色か並べてみたらどうなるでしょうか?

子ども写真 子ども写真 Photo by K.e.n

私は、好きな写真家の写真や画家の画のポストカードを複数枚並べて飾ったりします。

なんか好きなんです、

連続性。

一つの画を連続、複写して並べる手法について

ポップアートの旗手 アンディ・ウォーホルは、確かに一つの画を連続、複写して並べる手法を使っていました。

(出典:Amazon)

(出典:Amazon)

私の場合は、そういったアートにインスパイアされてただ並べただけですけどね。

そういったアーティストの作品は非常に参考になります。

後は、もう遊び心。

さいごに

子ども写真も遊び心で、加工・編集してみると面白いです。

うまくいったら、部屋に飾ってみたり。

ちょっと遊んでみるのもオススメです。

スポンサーリンク

   
   

【関連記事】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*