【子供写真の撮り方ヒント】目にピントを合わせて撮る

子ども写真

今までよりもちょっと良くなる”子ども写真”の撮り方のヒントやアイデアをご紹介します。

今回のヒントは「目にピントを合わせて撮る」です。



目次

こんな方へのヒントです

今回のヒントは、カメラ初心者のパパママのために書いています。

カメラの種類に関係なく使えるヒントです。

今回の「子供写真の撮り方」ヒント;目にピントを合わせて撮る

今回のヒントは、「目にピントを合わせて撮る」です。

自然と”目”に目がいく

”目”の印象は強いです。

人の顔の中で、その人の印象を持つとも左右するのが”目”。

Photo by cocoparisienne

”目”は、その人の個性、性格、心情などを表す重要なパーツです。

「目は口ほどに物を言う」なんてことわざもあります。

人は相手の目から色々読み取ったりするわけですから、自然と「目」に目がいくものなんですね。

目にピントを合わせて撮る

写真の中においても同じです。

”目”の存在は大きいです。”目”には力があります。

だこら、”目”にピントがあっているかはとても大事です。

その”目”がピンボケでボヤ~ンとしていたら、途端に“画”の力は弱まります。

なので、他に強調したいことがある場合は別として、人物の写真を撮るときには、目にピントが合っているか確認することは大事です。

Photo by StockSnap

スマホなどでも、画面の中に四角い囲いが出てくると思います。

これは「フォーカスポイント」または「フォーカスエリア」といいますが、これを「目」に合わせて、「目」にピントがあうように撮るようにします。

手前の目にピントを合わせる

人物の顔を主体に撮る場合、手前の目にピントが合っているか注意してみてください。

顔の真正面からではなく、少し横から撮るときなどは、奥行き方向で目の位置が違ってきますよね。

片方の目が近く、もう一方の目はそれより遠くなるわけです。

そのような場合、ピントの合う範囲(被写界深度)にも寄りますが、基本的には片方の目にピントを合わせると、もう一方の目にピントが合わない状態になります。

その場合は、手前の目にピントを合わせるようにします。

下記の写真をみてください。

Photo by Myriams-Fotos

そしてもっとも目の行くところもその”手前の目”ではないでしょうか。

ピントが手前の目にあっています。

人物の顔を主体に撮る場合、手前の目にピントが合っているか意識してみてください。

さいごに

「目」はとても強いパーツです。

目にピントが合っているかどうかは大事なポイントになりますね^ ^

スポンサーリンク

   
   

【カテゴリー】


【関連記事&広告】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*