子供連れで渋滞にハマる前にしておきたい4つの対策(準備編)

幼児や小さな子どもを連れて、車の渋滞にハマるのは恐怖でしかないですね。

なるべく渋滞にハマらないようにしたいものですが、そうもいきません。

そこで今回は、幼児や小さな子どもを連れて交通渋滞にハマる前に、事前に準備しておくと良い4つの対策についてまとめてみました。

目次




【対策1】携帯トイレを車に常備

幼児や小さな子どもを連れて交通渋滞にハマる一番の恐怖は、トイレ問題じゃないでしょうか。

渋滞にハマった途端に「パパ、おしっこ〜」と言われる恐怖。「何で早く言わないの〜!」と声を荒げても後の祭り。

そういえば、我慢できない我が子にペットボトルにオシッコさせたこともあります(私運転中につき実行者”嫁”)。息子だったから、チョイと摘んだできましたが、、、娘だったら、、、

ということで、それ以来、携帯トイレを車に常備するようになりました。


高分子吸収樹脂で固める 携帯トイレ 持ち帰り袋付き 500cc 5P
(出典:Amazon)

不思議なものでそれから使う機会が無いのですが、安心感があります。

【対策2】 DVDの隠し玉!

DVDの力は偉大です。

さっきまでクズって泣いたり、兄弟喧嘩をしていたのに、DVDをかけた途端に静かになる、その力。

ただ、見飽きたものだと食付きがイマイチかもしれないので、とっておきのDVDを数枚用意しておくといいですね。

まだ見ていないものがいいですが、毎回新しいものを用意するのも大変。テレビ録画を利用して目新しいものを用意しておくといいですね。ただし、初めて見るものは、まったく食付かないリスクもあります。

そこで、何度見ても楽しめるようなものがあるといいのですが。例えば、小さい子なら「おかあさんといっしょ」なんかはお勧めです。


NHK「おかあさんといっしょ」メモリアルPlus ~あしたもきっと だいせいこう~ [DVD]
(出典:Amazon)

上記は最近我が家のお気に入り。歌がメインなので運転しているお父さんも楽しめますよ。

【対策3】 DVDの更なる隠し玉

DVDには更なる隠し玉があります。

それは、普段はDVDを見せないということ。遠出や渋滞の時にしか見ない、というルールにしておくんです。見せたときの集中力が違います。

普段から利用している方にとっては難しい対策かもしれませんが、DVD効果は数倍にもなりますよ!

【対策4】お楽しみネタを仕込んでおく

DVDパワーは強力ですが、他のお楽しみネタを仕込んでおくといいですね。例えば、言葉遊びなぞなぞ・クイズなどです。簡単なもので言えば、「しりとり」なんかがそうですね。

そういった言葉遊びやなぞなぞ・クイズの本を車に積んでおいたりするといいですね。


なぞなぞ大冒険2000問!―おもしろビックリ!
(出典:Amazon)

私の場合、インターネットのサイトを「お気に入り」に登録しています。

なぞなぞ|クイズ nazo2.net

これでネタ探しにも困りません。ただし、そういったものを使う場合、車酔いに注意です。

さいごに

車の中で、息子にペットボトルにオシッコさせたことがトラウマとなり、トイレ対策は万全な我が家です。行く先、行った先の楽しさを、渋滞で壊したくないので事前準備も怠りたくないですね。

◆道中にできる対策についてもまとめてみました↓

子供連れで渋滞にハマる前にしておきたい4つの対策(道中編)

少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

   
   

【関連記事】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*