おしゃれなクリスマスリース》100均材料で子供と手作りする方法

100円均一ショップの材料で作る「クリスマスリース」の作り方を図解でご紹介します。

クリスマスの飾り付けに、家族で作ってみました。100均の材料で簡単に作れちゃいます。クリスマスに向けて盛り上がりますよ!

目次




必要な材料

使った材料は下記になります。

  • リース(セリア)
  • パインコーン3cm ナチュラル&ナチュラルホワイト6P(セリア)
  • パインコーン3cm ゴールド&シルバー6P(セリア)
  • ポインセチアリング(セリア)
  • コーラル モスピック(セリア)

リース以外は、飾りの材料です。好みに応じて好きなものを選んでくださいね。

リース(セリア)

クリスマスリース

パインコーン3cm ナチュラル&ナチュラルホワイト6P、ゴールド&シルバー6P(セリア)

※写真は、「ナチュラル&ナチュラルホワイト」と「ゴールド&シルバー」の2種類を袋から出して、ごちゃ混ぜにしたあとです。

ポインセチアリング(セリア)

クリスマスリース

※写真は、繋がっていたものをニッパーで切ったあとです。

コーラル モスピック(セリア)

クリスマスリース

必要な道具

必要な道具は下記になります。

  • グルーガン
  • グルーガンスティック
  • ニッパー(またはハサミ)

グルーガン

グルーガン

リースに飾りの材料を接着するのに使います。

グルーガンは100均でも売っています。我が家は、ダイソーのものを使いました。

コードが邪魔なので、余裕があれば、下記のようなコードレスの物が便利そうですね。

BOSCH(ボッシュ) バッテリーグルーガン GLUEPEN


(出典:Amazon)

グルーガンスティック

クリスマスリース

グルーガンに装着して使う材料です。

こちらも、100均で売っています。

ニッパー(またはハサミ)

クリスマスリース

飾り付けの材料をカットするのに使います。

作り方

手順1:作りたいリースのイメージを決め、材料を揃える。

上記の「必要な材料」で記載した材料は参考です。

「リース」は本体となるので必ず必要ですが、それ以外は好みに応じてそろえてくださいね。

あらかじめ、どんなクリスマスリースを作ろうか想像しておくといいですね。既製品が参考になります。


ANPHSIN-クリスマスリース30cm  レッドクリスマスベル
(出典:Amazon)


BunBunBee ナチュラルリース「フェアリーの休息」
(出典:Amazon)


CASSIE クリスマスリース ゴールド系
(出典:Amazon)

手順2:飾り用の材料を分解する。

飾り用の材料は、必要に応じて、ニッパーやハサミで適度な大きさにカットしてください。

例えば、「必要な材料」で紹介した「コーラル モスピック」は元々は一本です。それを、ニッパーで飾り付けに適したサイズにカットしています。

クリスマスリース

クリスマスリース

ポインセチアリングも同様にカットしました。

手順3:リースに飾り用の材料を接着する。

「手順2」で用意した材料を、リースに貼り付けていきます。

あらかじめ、リースの周りに材料を配置してみて、イメージしておくといいですね。

イメージが決まったら、グルーガンで接着剤をつけてリースに貼り付けいきます。

 

グルーガンで接着剤をつけて、

クリスマスリース

 

リースに貼り付けています。

クリスマスリース

 

全周ぐる〜っと、

 

※グルーガンは熱くなります。小さな子どもがいる場合は、十分注意してください。我が家の場合、4歳の子には貼り付けのみお願いしました。

完成

完成です^^

我が家は2種類作りました。

 

 

最後に

作り方は簡単ですね。100均の材料でできちゃうのでお気軽です。子どもを一緒にクリスマスの飾りを作ると、気分も盛り上がってくるのでオススメです。どうせなら、準備から楽しんじゃいましょう!!

参考になれば幸いです。

◆クリスマスに向けてこんな記事はどうですか↓

サンタさんはいるの?子供の質問に困った親が読む本

「サンタは本当にいるの?」 子供の質問に困ったことはないですか? クリスマスに向けて、子供の「サンタさん本当にいるの?」の質問に困ったときに読むと良い本の紹介です。

クリスマスの飾り付け》子供とツリーの絵を描いて飾ってみた。やって良かった3つの点

いよいよ12月。 みなさん、クリスマスの飾り付けってしますか? 我が家は今年、子どもとクリスマスツリーの絵を描いて飾ってみました。 やってみて感じた、3つの良かった点をご紹介します。

【文中の写真】K.e.n

読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、フォロー、シェアをお願いします!!

スポンサーリンク

   
   

【関連記事】



【人気の記事】

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*